子どもと親のためのコミュニティ広場


 いしかわ子育て支援財団の誕生は、平成8年。当時は、女性の社会進出や核家族化の流れを受けて少子化が顕著となりだしたころ。 対応に個別性や多様性が要求される子育て支援には、従来の枠組みを超えた行政サービスが必要、との主旨から設立されました。
 それ以降も少子化は予想を超えるスピードで進行し、財団の役割はますます重要性を増しています。
 個別アドバイスから情報の収集・提供、人材養成、啓発活動、独自事業の企画・展開まで、多岐にわたる財団の活動は数多く成果をあげ、石川県が「子育て先進県」として全国の注目を集める上での重要な存在となっています。
各事業の詳細については、財団事務局までお問い合わせください。
電話番号076-255-1543  ファックス番号 076-255-1544  メールアドレスinfo@i-oyacomi.net
【 基本方針 】
 人口の自然減対策の根幹をなす少子化対策の重点対策として、出生数の増加のための前提として、結婚希望する若者への支援が重要であり、平成28年4月に発足した「いしかわ結婚支援センター」を中心に県(財団)、市町、企業が密接に連携し、実効ある取組を強力に推進する。
 また、次代を担う子どもたちが心豊かにたくましく育ち、自立した大人に成長するよう社会全体で子育てを応援するしくみを整え、安心して子どもを生み育てていけるように行政はもとより、地域社会、団体、企業など県民あげての協力のもと、これらの課題に積極的に取り組んでいくこととしている。

 平成30年度においては、当財団として次の事業に重点的に取り組むものとする。
  1. 結婚支援事業を強力に推進するため「いしかわ結婚支援センター」を中心に市町、企業の連携を深め、縁結びistの活動支援、いしかわ婚活応援企業の取組支援、若者に対する結婚への意識啓発などを進め、社会全体で支援する取組を推進する。
  2. 子育て支援情報の提供や子育て支援人材を養成し活用する事業の充実に努めるほかきめ細やかな子育て支援の取組を推進する。
  3. いしかわ子ども交流センターで開催する子どもの健全育成・子育て支援事業等を企画運営し、プラネタリウムの利用促進を初めとする子どもの健やかな成長に資する環境づくりの取組を推進する。
  4. 若い世代の子育て不安の解消を図るほか地域の多様な子育て支援団体の活動支援や子育て団体の協力によるイベント開催、他世代交流の好事例の発信等を通じて社会全体で支え合う子ども・子育て支援の取組を推進する。

各種申請書ダウンロード一覧はこちらです。
TOPにもどる

過去の事業概要
平成29年度の財団事業概要
平成28年度の財団事業概要
平成27年度の財団事業概要
平成26年度の財団事業概要
平成25年度の財団事業概要
平成24年度の財団事業概要
平成23年度の財団事業概要
平成22年度の財団事業概要
平成21年度の財団事業概要
平成20年度の財団事業概要
平成19年度の財団事業概要
平成18年度の財団事業概要
平成17年度の財団事業概要
平成16年度の財団事業概要


大きな地図で見る
■バスでお越しの方
「石川県立中央病院」バス停から、徒歩2分。病院に隣接する県立総合看護専門学校1階
  • 金沢駅西口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「中央病院」行きで約10分
    ※「県庁前」行き、「工業試験場」行きにも中央病院を経由する便があります。
  • 金沢駅西口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「県庁前」行きで約10分、県庁前から徒歩で約5分
  • 北鉄電車「野町駅」から北鉄バス「県庁前」行きで45分(ほかに中央病院経由便もあります。)
  • 能登方面(珠洲・輪島・門前・七尾など)からの特急バスは「中央病院口」に停車します。
■お車でお越しの方
金沢駅西口から約5分
北陸自動車道「金沢西インター」または「金沢東インター」から国道8号経由で約10分
アクセスマップ

TOPにもどる

前のページに戻る