TOP    Q&A    管理職・人事労務担当者の方へ

Q&A


当社でもワークライフバランスに取り組んでいくことにしたが、企業で行う取組みにはどのようなものがあるのか。

 企業が行うワークライフバランスの取組みとしては、大きく分けて下記のように分類することができます。
 ➊休業・休暇(育児休業、子の看護休暇、年次有給休暇、介護休暇など)
 ➋労働時間・場所(短時間勤務、フレックスタイム、在宅勤務、ノー残業デーなど)
 ➌経済的援助(出産祝い金、保育費用の補助など)
 ➍保育施設(事業所内託児施設、託児室・授乳コーナーなど)
 ➎情報提供・相談(社内報、イントラネット、研修など)
 ➏雇用環境の整備以外(子どもの職場見学、インターンシップなど)
 アンケートやインタビューなどにより社内ニーズを把握し、自社に適したワークライフバランス導入プランを作成してみましょう。
 ワークライフバランスの取組みは、制度を一度導入すれば完了というわけではありません。何度もPDCA(Plan→Do→Check→Action)サイクルを繰り返しながら、徐々に浸透・定着させていく必要があります。

地元企業で働く労働者からのアドバイス


回答:渥美 由喜氏 (株)東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長

ワークライフバランスを実践するにあたっての課題や悩みなど、
ご意見・ご質問をお寄せ下さい。

ご意見・ご質問はこちら
このページのトップへ