TOP    Q&A    一般社員の方へ

Q&A


出産後、子育てをしながら働き続けたいと思っても、育児休業中でさえ家事や育児で目の回る忙しさなのに本当に職場復帰できるのだろうか。また、子どもの急な発熱による早退など、周りの人に迷惑を掛けてしまうので仕事を続けにくいのではないか。

 私がいろいろな社員に話を聞いてきた経験から言うと、真面目で責任感が強い方ほど、会社での仕事についていけるか心配と感じておられるようです。案ずるよりは生むが易しです。
 例えば、自分だけでなくパートナーが保育園の送迎をできる日がないか、あるいは他の親族のサポートを期待できないかなど、具体的な可能性を検討してみましょう。
 また、私自身も育児休業を2回取得しましたが、職場復帰後に感じたのは「24時間乳幼児と向き合い、目が離せない生活よりは、仕事をしている時間がある方が精神的に楽になる面もある」ということです。家庭環境などによっては、職場復帰後すぐにフルタイムで勤務するのは難しいという方もいるでしょう。そういう場合は、育児・介護休業法に定められた短時間勤務から始めることが可能です。会社は必ず1日の所定労働時間を5時間45分〜6時間とする制度を作らなければならないとされていますし、利用できる期間は子どもが3歳になるまでの間で従業員の申出期間となります。まずは会社に制度の詳細を問い合わせてはどうでしょうか。
 お子さんが乳幼児期には突発的な病気はつきものです。夫婦どちらが面倒をみるのか、あるいは親族に協力をお願いするか、といったことをあらかじめシミュレーションしておくと良いでしょう。また、子どもの体調が悪くなりそうだと予想がつく場合には、率直に上司や同僚に相談してみましょう。場合によっては、仕事を前倒しして行うことで、職場へのしわ寄せをできる限りなくすことができるかもしれません。
 他にも、急に保育園から連絡が入り、お子さんを迎えに行かなければならないこともあるので、日頃から仕事をカバーしてもらいやすいように、業務マニュアルを作成するなど、自分の仕事を見える化したり、職場の同僚と情報を共有しておくことも大切でしょう。

地元企業で働く労働者からのアドバイス

 育児休業から職場復帰するときは、誰でも多かれ少なかれ不安があると思います。個人的な考え方ですが、“仕事に出てリフレッシュする”という発想の転換はどうでしょうか。普段は家で一人であれこれ考えていると思いますが、仕事場には相談できる人もいるでしょう。そういった人がいれば気分も変わると思いますよ。
 また、上司や同僚とのコミュニケーションにも心を配るといいと思います。仕事と子育てを両立するときは、短時間勤務制度の利用などで少なからず周りの社員に影響が及びます。そんな中でも、コミュニケーションがきちんと取れていれば、周りの人達の理解は得やすいと思います。(製造業)


回答:渥美 由喜氏 (株)東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長

ワークライフバランスを実践するにあたっての課題や悩みなど、
ご意見・ご質問をお寄せ下さい。

ご意見・ご質問はこちら
このページのトップへ