TOP    Q&A    一般社員の方へ

Q&A


個人的にはワークライフバランスには賛成でぜひ取り組みたいが、社内の雰囲気や支援制度の問題などで難しいのではないか。

 ワークライフバランスを実現するためには、社内の雰囲気や支援制度の有無など、環境によるところが大きいのはたしかです。しかし、個人でも取り組めることはあります。
 例えば、自分の業務を今一度見直すことによって無駄を省き、長時間労働を減らすことができます。それによってできた時間を子育てや地域活動、趣味、自己啓発などにあて、様々な価値観に触れることで今までにないアイデアが浮かぶなど、仕事にも好影響を与えます。
 さらに、メリハリのある充実した生活を送り、イキイキしているあなたの姿を見て、周囲の人々の意識も変わってくるかもしれません。ワークライフバランスの実現には働く人々の『意識』を変えていくことが重要です。社内全体の意識が変われば、残業を減らそうとするといったように、『行動』が変わっていくことでしょう。まずは自分のできることからチャレンジしてみることが大切です。

地元企業で働く労働者からのアドバイス

 まずは自分でできることからやってみてはどうでしょうか。私の場合は保育園の送迎があるため、どうしても時間制約がかかるので、仕事の優先順位を決めて取り組んだり、休憩時間を有効に活用するなど、時間をかなり意識して取り組んでいます。
 自分なりに一生懸命ワークライフバランスに取り組んでいると、それを理解してくれる上司・同僚が徐々に増え、以前より働きやすくなった感じがします。  (サービス業)


回答:渥美 由喜氏 (株)東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長

ワークライフバランスを実践するにあたっての課題や悩みなど、
ご意見・ご質問をお寄せ下さい。

ご意見・ご質問はこちら
このページのトップへ