子どもと親のためのコミュニティ広場

いしかわ おやコミ!.netは、石川県在住の子育て中のご両親のためのコミュニティ広場です。

 ホーム > 子育て便利帳

利用する 石川県内のこどもの救急

Ⅰ お医者さんに行く前に

【夜間小児救急電話相談】

夜間に、急な病気や事故で具合が悪いとき、家庭でどのように対処すればよいか、直ちにお医者さんに行く必要があるかについて、電話で小児科の医師などがアドバイスします。

●[電話相談受付時間] 午後6時~翌朝8時 (365日、毎日実施しています)
●[電話番号] 夜間小児緊急電話#8000 または076-238-0099

  • 電話相談は家庭での一般的対処に関する助言・アドバイスであり、電話による診断・治療はできませんので、あらかじめご了承ください。
  • 1回線のみの対応となりますので、簡潔にご相談ください。話し中の場合は恐れ入りますが、少し時間をおいておかけ直しください。
  • #8000はIP電話等、ご契約の回線によっては話し中になり、つながらない場合があります。その場合には(076)238-0099にお電話ください。

ミニ情報

【こどもの救急Webサイト】

Webをみることのできる環境をお持ちでしたら「こどもの救急」も一緒にご活用ください。
こちらではお子さんの症状をホームページ上でチェックすることで、お医者さんに行くか行かないかのめやすを結果として示してくれます。

ミニ情報

【お子さんが異物などを誤って飲み込んでしまった場合】

(公財)日本中毒情報センターの電話サービスが便利です。

【 中毒110番 】(一般専用:情報料無料)
 大阪 072-727-2499   (365日、24時間)
 つくば 029-852-9999   (365日、午前9時~午後9時)
【 タバコ110番 】 (情報料無料、テープによる一般市民向け情報)
 大阪 072-726-9922  (365日、24時間)

Ⅱ 軽い発熱・ケガなどでお医者さんに行くときは

●休日・夜間において入院するほどでもないけれど、お医者さんに診てもらいたい場合
【休日当番医】
休日や夜間の応急的な医療と、入院するまでもない軽症のお子さんに対応するため、診療所が当番制で休日当番医を実施しています。県内の全市町で実施しています。※当番医が小児科医であるとは限りません。
休日当番医実施診療所の検索は

ミニ情報

【休日夜間急患センター】

一般の医療機関が診療時間外となる休日や夜間に、急に体の具合が悪くなったお子さんのため、市や町が設置するものです。診療に従事するのは、昼間は他の病院や診療所などで働いておられるお医者さんで、奉仕的に協力していただくことより運営されています。

金沢広域急病センター
連絡先 TEL:076-222-0099
FAX:076-222-5566
診療時間 午後7時30分~午後11時
(365日、毎日診療)
診療科目 内科・小児科
場所 金沢市西念3-4-25
金沢市駅西福祉健康センター1階
医療機関案内 午後7時30分~翌朝午前9時  (午後11時以降は自動応答)
金沢市西念3-4-25

南加賀急病センター
連絡先 TEL:0761-23-0099
FAX:0761-23-0014
診療時間 月曜日~土曜日   
  午後7時~午後10時30分
日曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)  
   午前9時~12時 午後1時~午後10時30分
(365日、毎日診療)
診療科目 小児科・内科
場所 小松市向本折町ホ60番地 小松市民病院南館1階
小松市向本折町ホ60

Ⅲ 救急車の呼び方

ママが119にダイヤルする絵

【救急車の呼び方】

  • まずは119にダイヤルを!
    1. 局番なしの「119」をダイヤルします。
    2. 「救急車をお願いします」と伝えます。
    3. 次のことを伝えましょう。
      • お子さんの年齢
      • お子さんの名前
      • 住所・電話番号
      • 場所の目標となる建物
    4. お子さんの症状を伝えましょう。
  • 用意するものは健康保険証、母子健康手帳、お金 救急車を待っている間
    1. 次のものを準備しましょう。
      • 健康保険証
      • 母子健康手帳
      • お金
    2. 玄関のカギを開けておきましょう。
    3. 家族や近所の人がいれば、救急車が到着したときの誘導をお願いしましょう。
  • 救急救命士の指示に従いましょう。 救急車で病院へ行くとき
    1. 救急救命士の指示に従いましょう。
    2. 家を出る前に火元を確認!
    3. あわてて、お子さんをダッコして救急車に乗った時、靴を忘れることがあります。入院せずに、帰宅することもあるので靴を持って行きましょう。
    4. 戸締りを忘れずに!

ページ先頭へ