子どもと親のためのコミュニティ広場


<基本方針>

次代を担う子ども達が、夢や希望を抱きながら健やかに育ち、自立した大人に成長していくことは、誰もが願うことである。しかしながら、近年、都市化や核家族化の進展によって、家庭や地域の子育て力が弱まり、子育て家庭の孤立が進むとともに、母親の子育てに関する不安や負担感が増大しており、その解消が社会的な課題となっている。
また、未婚化・晩婚化も少子化の大きな要因となっており、雇用不安などの社会情勢もさることながら、結婚したいが、「異性とうまく関われない」、「子どもと関わったことがないため、親になることが不安」といった個々の事情が切実になっていることがうかがえる。

このため、社会全体で子育てを応援する体制作りに向けて、行政はもとより、企業や各種団体をはじめとした幅広い県民の皆様方の協力を得て、こうした課題に積極的に取り組んでいく必要がある。
特に、平成25年度においては、次の事業に重点的に取り組むものとする。

各事業の詳細については、財団事務局までお問い合わせください。

TEL 076-255-1543 FAX 076-255-1544 メール:info@i-oyacomi.net

  1. 若い世代の子育ての不安を解消する事業や独身男女が身近に参加できる婚活の場を提供するなど未婚化・晩婚化の流れを変えるための取組を推進する。
  2. 子育て支援情報の提供や子育て支援人材を養成し、活用する事業の充実に努めるなどきめ細かな子育て支援の取組を推進する。
  3. いしかわ子ども交流センターのプラネタリウム館の利用促進のための事業の充実に努めるなど子どもの健やかな成長に資する環境づくりの取組を推進する。
  4. 一般事業主行動計画の内容の着実な実践を支援するほか、県民への普及啓発を図るなどワークライフバランスの取組を推進する。
  5. 地域の多様な子育て支援団体の活動支援や子育て支援団体の協力によるイベント開催など社会全体で支えあう子ども・子育て支援の取組を推進する。





1 未婚化・晩婚化の流れを変えるための取組の推進
(1)若い世代の子育て不安の解消
@ 赤ちゃん登校日事業

小中学校の児童・生徒が乳幼児やその親との交流を通じて、人との関わりや命の大切さを学ぶ機会を提供する。 ・ 実施予定市町 輪島市、川北町、志賀町、能登町

A あなたもパパママ体験塾事業

将来親となる若い世代を対象に、子どもや親子とのふれあいを体験する機会を提供し、「子どもがよくわからない」、「子どもがなんとなく苦手」などいったイメージを払拭し、子どもや子育てに対してポジティブなイメージを持ってもらうためのプログラム、実施体制等の整備を図る。 ・ 高校生向けの子育て体験プログラムの検討・開発 (金沢二水、金沢北陵、七尾、七尾東雲、松任、加賀聖城、小松市立の7校でモデル実施)

B (拡)親育ち支援プログラム開発事業

初めての子どもで子育てに不安を持つ親同士(12人程度)が、進行役のもとで継続した話し合い(週1回で6回)を持つことにより育児不安の解消を図る。 ・ 有識者や関係者で事業の普及に向けた課題などを検討・研究 ・ 引き続き事業を実施する団体などに助成

C 子育て体験記作成事業

平成24年度に公募・選定した子育てにまつわる体験談(「あるある」)及び写真をまとめた冊子を制作し、保育所、幼稚園、児童館、子育て支援センター等に配布するとともに、一般家庭向けとして財団のホームページに掲載(スマートフォンにも対応)する。

(2)晩婚化対策
@ しあわせ発見事業

結婚を希望する独身男女に対してボランティアで結婚相談に応じる、しあわせアドバイザー「縁結びist」の活動を支援する。 ・ 独身男女の結婚相談窓口として金沢、七尾、小松、輪島に「縁結びist交流サロン」を設置・運営 ・ 縁結びistの資質向上に対する各種研修の実施

A いしかわ婚活実践大学校事業

結婚を希望する独身男女を対象に、異性とのコミュニケーションの取り方等について講座を開設し、専門家によるカウンセリングを含めて自信を持って婚活に踏み出せるよう後押しする。 ・ 講座テーマ(例)  異性とのコミュニケーションの取り方             異性と接する際の注意点             最近の結婚・婚活事情 など

B 商店街・企業等の独身男女交流活動支援事業

商店街や企業等が、地域の飲食店や集会所等を利用して開催する独身男女交流イベント等に対して支援(財団が蓄積したノウハウの提供や、広告費程度の助成など)するほか、自社の独身従業員の婚活活動を支援する企業等に対して、財団が有する婚活支援情報を配信し、社会全体で少子化対策に取り組む機運を広げていく。

2 きめ細かな子育て支援の取組の推進
(1)情報提供・普及啓発
@ いしかわおやコミ!.net運営事業

子育て中やもうすぐ親になる人のためのコミュニティサイト「いしかわおやコミ!.net」やメールマガジンの配信などを通して、子育ち・子育てに関する幅広い情報を提供する。
・ ホームページURL http://www.i-oyacomi.net/
・ メールアドレス info@i-oyacomi.net

A 子育て支援情報誌作成事業

各種子育て支援施策や地域における様々な子育て支援情報、財団の活動内容等を盛り込んだ情報誌「子育て便利帳」を作成・配布する。

B 健やか保育サービス研究事業

子育て支援分野で高い専門性を有する保育所、幼稚園関係団体に対して、先進保育事例等の研究等を委託し、研究結果を広く一般に公開・共有することで、地域の子育て支援の多様な担い手の育成に資する環境づくりを推進する。

C 子育て支援データバンク事業

保育士や幼稚園教諭、看護師など、専門的な知識や技能を有する地域人材などの発掘・活用や、備品の整備・貸出しなどを通して、地域での子育ち・子育て支援活動の充実を図る。 ・ 育児サポーターの募集、登録 ・ 子育て支援関係講師の募集、登録 ・ 子育てに関する図書、DVD・ビデオ、積み木などの整備、貸出し

(2)子育て支援人材の養成
@ 子育て支援従事者等養成研修事業

保育士や財団登録のボランティアサポーターである「育児サポーター」等に対して、各種の研修を実施し、子育て支援人材の養成を進める。 ・ 男性保育士、幼稚園教諭に対する研修 ・ 保育所、幼稚園の嘱託医等に対する研修 ・ 事業所内保育施設の従事者等に対する研修 ・ 育児サポーター、保育ママに対する研修 など

(3)養成した人材の活用
@ 育児サポーター派遣事業

保育所などの地域向けの子育て教室や、各種イベントの臨時保育室などに、育児サポーター等を派遣し、県全域できめ細かな子育て支援の取組の推進を図る。 ・ 保育所や幼稚園で開催する地域向けの子育て教室への派遣 ・ 事前登録した子育て支援団体等が開催する各種イベントの臨時保育室への派遣 ・ 育児サークル支援のための派遣 ・ デパートのイベント広場などで開催する育児教室等への派遣 ・ 育児用品リサイクルショップへの派遣 など

A 地域子育てセミナー支援事業

地域で子育て支援活動に取り組む各種団体が開催する研修会やセミナーの講師に係る費用の一部を負担する。

B パパママ子育て塾事業

在宅育児家庭に対し、保育所での保育体験等を通して、育児のノウハウを学ぶ機会を提供し、育児不安の解消を図る。
・ 親に対する支援     半日の保育体験を週1回、4回提供
  子どもに対する支援   半日の一時保育を4回提供
・ 受入保育所に対し、保育士指導料、一時保育利用料及び給食代等を助成
・ 報告書を通じた、親の悩みや保育体験後の変化の把握

3 子どもの健やかな成長に資する環境づくりの推進
(1)いしかわ子ども交流センターの管理運営

子どもや親、これから親になろうとする若者の拠点施設として、子どもの健全育成、子育て支援、若者の自立支援など多様な支援活動を行う「いしかわ子ども交流センターの施設の維持管理、実施事業の企画運営等を実施する。

(2)子どもの健全育成・子育て支援事業
@ 子どもの生活を豊かにするための各種行事を実施する。

・ 正月、節分、節句などの年中行事
・ 郷土の遊びなど郷土を理解し親しむ行事
・ 童話会、音楽会、児童劇など情操を豊かにし、文化活動を創造する行事
・ 天体観測、電気教室、採集会など科学的な行事
・ 遊具の手作り、廃品利用工作など工夫する物づくり行事

A 吹奏楽クラブや演劇クラブなど公募による会員制の子どもクラブを構成し、指導を行う。
(3)プラネタリウム活用推進事業

リニューアル2年目を迎えるプラネタリウム館のさらなる活用促進のため、新番組の購入、制作のほか、宇宙に関する啓発イベントを実施する。

4 ワークライフバランスの推進
(1)企業に対するワークライフバランスの実践に向けた取組支援
@ 推進員の企業訪問

平成25年4月から、条例により、従業員50〜99人の企業に対して一般事業主行動計画の策定が義務化されることを受け、計画内容の着実な実践を支援するため、推進員を企業に派遣する。

A 専門コンサルタントの派遣

ワークライフバランスに関する高度な専門知識やノウハウを持つコンサルタントを県内企業の要望に応じて派遣し、企業現場での実態に応じたサポートを行う。

B ワークショップの開催
経営者や管理職などを対象に、テーマ(例「生産性の向上と残業の削減」)ごとのコースに分かれて、講義やワークショップを通して実践方法を学ぶ。
(2)県民・労働者に対するワークライフバランスの啓発や実践に向けた取組支援
@ キャッチフレーズを活用した企業タイアップ商品の制作

地元の食品メーカーと連携し、ワークライフバランスのキャッチフレーズや子どもの写真などをデザインしたタイアップ商品を制作する。

5 社会全体で支え合う子ども・子育て支援の推進
(1)地域の多様な子育て支援団体の活動を促進するための支援
@ 子育て支援地域交流促進型協働事業

子育ち・子育てに関する地域の課題解決に向けた、育児サークル、子育て支援NPO、企業などの活動に対して支援する。
・ 課題テーマ(例)  父親の育児参加
            祖父母世代の育児参加 など
・ 必要に応じて専門家等を派遣し、実施主体の事業運営をサポート

A 子育てマエストラ等人材育成事業

保育士、看護師等の資格を持ち、子育て支援の分野で活動実績のある育児サポーターやNPOのリーダー等を対象に大学教授等全国レベルの専門家によるレベルアップ研修を実施し、地域の指導者となる専門人材を養成する。平成25年度は、新たに育児、虐待防止、健全育成の分野別研修を実施し、専門性の習得を推進する。

B 高度専門人材等の派遣事業

全国・全県レベルの高度専門人材の登録拡大を図るとともに、地域や企業が自主的に実施する子育て支援に関する講演会等への派遣を継続することにより、地域や企業の活動を専門的な知識や知見から支援し、社会全体で取り組む体制を強化する。

(2)地域の多様な子育て支援団体の協力によるイベント開催
@ 子育て支援メッセ開催事業

社会全体で子ども・子育てを支援するため、子育てを支援する企業・団体・NPO等の参加により、子育て中の家庭に対して様々な分野の情報提供・活動紹介を行うとともに、これら団体間のネットワーク構築の場として「子育て支援メッセ」を開催する。
・ 開催日   平成25年10月27日(日)
・ 場 所   石川県産業展示館3号館

A 職業体験イベント『キッズおしごとたいけん』開催事業

子どもが仮想の町での仕事体験を通じて、職業感や社会の中での人同士の関わりに触れるイベント『キッズおしごとたいけん』の開催を支援する。平成25年度は、より身近な会場に参加できるよう市町、商店街等と連携して、開催地域の拡大を図る。
・ 開催予定地 金沢、七尾、小松、輪島、珠洲

過去の事業概要
平成23年度の財団事業概要
平成22年度の財団事業概要
平成21年度の財団事業概要
平成20年度の財団事業概要
平成19年度の財団事業概要
平成18年度の財団事業概要
平成17年度の財団事業概要
平成16年度の財団事業概要


大きな地図で見る
■バスでお越しの方
「石川県立中央病院」バス停から、徒歩2分。病院に隣接する県立総合看護専門学校1階
  • 金沢駅西口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「中央病院」行きで約10分
    ※「県庁前」行き、「工業試験場」行きにも中央病院を経由する便があります。
  • 金沢駅西口バス停留所「6」番のりばから北鉄バス「県庁前」行きで約10分、県庁前から徒歩で約5分
  • 北鉄電車「野町駅」から北鉄バス「県庁前」行きで45分(ほかに中央病院経由便もあります。)
  • 能登方面(珠洲・輪島・門前・七尾など)からの特急バスは「中央病院口」に停車します。
■お車でお越しの方
金沢駅西口から約5分
北陸自動車道「金沢西インター」または「金沢東インター」から国道8号経由で約10分

前のページに戻る